マットトンネルの改良版をご紹介

児童発達支援輝HIKARIみらいキッズです。

今週はマットトンネルの改良版を紹介します。

マットは主に以下のような理由で使用しています。

①吊り遊具使用時の安全確保のため
②とび箱や階段など(高さのある所)からジャンプする際の衝撃吸収のため
③床よりも柔らかな所で快適に寝そべってふれあい遊びを行うため
④座って待つ場所や陣地として分かりやすいため

しかし、適度な柔らかさを持つ安全性の高い遊具として、他にも色々な使い方をしています。

その1つがフープトンネルです。

直径60センチ程のフープでマットを挟むと適度にゆらゆら揺れるゆりかご状になります。

今回は改良版ということで、のれんのようにスズランテープを付けてみました。

ヒラヒラと揺れるテープがキレイだったり面白いだけでなく、テープに触るとガサガサと不思議な音もします。

また、お子さんとスタッフがフープトンネルの両端に座って向かい合い、ボールを転がし合う遊びもできます。

ゆりかご状のためボールが外に出てしまうことが少なく、キャッチボールが続いて楽しいです。

Follow me!

次の記事

季節の工作