落ち葉を使った遊び

児童発達支援輝HIKARIみらいキッズです。

今月は紅葉シーズンにピッタリの工作を行なっています。

拾ってきた落ち葉を一度乾燥させて、それを使って見立て遊び的なことをしました。

落ち葉は2つと同じものが無いので、どこに何を貼り付けたら、自分のイメージしたものになるか皆考えながら、葉っぱを1枚ずつノリで紙に貼りつけるために手を動かしました。

最後はクレヨンなどで装飾して完成です。

「電車」や「きつね」、「カブトムシ」を作った子もいて、想像力の良さが光っていました。

前の記事

絵本

次の記事

絵の具遊び