トンボ工作を開始しました

施設名:輝HIKARIみらいキッズ
実施日:9月1日~

トンボ工作を開始しました
夏から秋にかけて大空を飛び回るトンボをテーマに、スパッタリングの手法を使って色付けし、手指の細かな動作を行う療育です。

手順:①トンボの羽をハサミで切り取る。②台紙の裏に名前を書く。③スパッタリングを行う。(ふるいの網の部分に絵の具をハブラシでこすりつけると、網から少量の絵の具が下に落ちて模様になる)④トンボの目(丸い紙2つ)と体(ストロー)の色を選ぶ。⑤台紙にトンボを貼る。⑥台紙にペットボトルスタンプやクレヨンで花や風景など好きなものを描いて完成。

様子:絵の具が羽に落ちて、綺麗な模様が出来上がり、感動して「わーっ」と声が出たお子さんもいました。また、ハブラシの動かし方(前後、左右、円を描くようになど)によって模様が変わるのも楽しめていました。
今回は見本品ですが、お子さんたちの作品が集まったら掲載いたします。

前の記事

花火工作